環境が変わった話

どうも、こんばんは

つい先日入社式を迎え、社会人となったさとびです

大学4年生での生活が、かなり堕落したものだったので

起きる時間が固定されている社会人生活は、慣れるのに少し時間を要しています

 

さて、先ほど申し上げたとおり

この不肖さとびは僭越ながら社会人の仲間入りを果たしたわけですが

詳しい業種の発言は控えますが、まぁ業務時間が非常に長いタイプの業界でして

今は研修期間中なので週休2日で17時半には帰れますが、研修が終わると……

って感じらしく

 

正直な話

すっげー不安

なわけです

 

表向きの建前的な自分は

「まぁ、なるようになるっしょ!w」

って、めっちゃ楽観視してるぶってて

本音はそんな感じなんですよね

 

 

すでに社会人である諸兄は新社会人の時の気持ちはどんなものだったでしょうか

ちなみに実兄は「これから毎日働くのがめちゃくちゃ嫌だった」と

おっしゃっていました、わかる

まぁ大体みんなそんな感じですよね

やっていけば多分、順応するみたいな

諦めがつくみたいな

 

そんなこんなで私は元気です

同期とはまぁ、仲良くやってます(曇り顔)

自分があまりに変質者なのでなかなか馴染めない感じが…

でも、会社の人とプライベートな関係を持ちたくないタイプの人間だし

このくらいの距離感の方がお互いに好都合なのかもしれない

そういうことにしておこう

 

なんとなく適当に書いたブログでしたが、

時間があればまたなんとなく更新しようかなと思ってます

生存確認?数年後の記事とテンションが

明らかに変わっていたりしてたらやばいサインです

「お仕事、でぇじょうぶか?」って一声かけてね

それでは